大学から美容専門学校へ進学し第一志望社に入りたい

大学生ですが美容専門学校への進学を考えています。大学ではそれなりに充実した生活をしていますが、私の学部では圧倒的に就職口がありません。そこで就職に特化した専門学校へ進みたいのです。特に美容は大学に入ってから一気に気になりだした部門でした。就職活動はコスメ会社に的を絞ってやっていましたが、やりたい部門は今の大学の知識では採ってもらえません。美容専門学校を出れば、誠意も伝わるかと思い、今に至ります。今は専門学校選びを就職活動の傍ら行っています。専門学校を選ぶのは難しいと絵の勉強をしていた友人が言っていたので、慎重にならざるを得ません。歩いて通える範囲に一校あるので、まずはそこのオープンキャンパスに行ってみるところから始めようと思っています。就職に強いのが専門学校の強みでしょう。コスメの会社の面接で、「美容専門学校で何々を学んできました」と胸を張って言いたいのです。

美容専門学校の選び方について

一口に美容専門学校と言っても、美容師やヘアスタイリストとしての勉強をする。ヘアメイクを重点的に学ぶ。ネイリストやエステの知識を学ぶ。またブライダル専門の美容技術、知識を学ぶなど、その中で学ぶ分野には様々な種類があります。ですから進学を志される場合、自分がどの分野を学びたいのかをきちんと決め、その分野が学ぶことができる美容専門学校を探し、選択することがその第一歩となります。それから、その学校でどんなことを、どんなふうに教えてくれるのかと言うことを調べるのも、とても大切なことです。ヘアスタイリングやメイクなどは、座学は勿論重要ですが、それ以上に、実際に髪の毛を切ってみる、整えてみる、色々な人の顔にメイクを施すと言った実技をすること、そうした経験を重ねることが欠かせません。ですから、こうした実技がたくさんカリキュラムに組み込まれている、またたくさんの現場でそうした経験を積ませてもらえる学校を選ばれると良いです。また、就職先が多岐にわたっている、就職率が高いと言うことは、それだけその学校の学びが評価されていると言うことであり、就職活動中にも有利ですから、就職実績もチェックしておきたい項目です。そうして気になる美容専門学校のオープンキャンパスには、必ず足を運ぶこと。実際の学校や、学ばれている人の雰囲気などを自分の体で感じることが大切です。

美容専門学校の美容科とは

美容専門学校の中でも美容科について紹介します。この科は、メイクであったり、ブライダルであったり、またネイルなどが行えるプロを目指す方におすすめのところです。メリットとしては、美容師としての国家試験の合格率が高いということと、またそれに向けての指導が徹底されているということです。また、最新のサロンで使っている器具なども使用できるということです。ヘアメイクアーティストであったりスタイリストであったり、また将来美容院を自分でやってみたいと言う方に向いている学校だと思います。取得資格として多いのは、ネイルであったり美容師の国家資格であったり、着物の着付け免許などがあります。美容科では約2年間で凝縮した勉強をおこないます。1年の前期では基礎知識、それから1年の後期からは国家試験の対策など、そして2年の後期では国家試験に向けての集中対策などといったプログラムになっています。

美容専門学校なら将来の希望に合った技術が学べます!2年間の中で、美容に関する技術知識を得られるカリキュラムを用意。夜間部減免制度は20万円から30万円免除されます。恵比寿は感性やセンスを磨くのに最適な場所です。真剣に美容を学ぶならエビスビューティーカレッジにお任せ下さい。入学相談ではカリキュムや国家試験、就職まで何でもお気軽にご質問下さい。個別相談の時間もあります。AO入試はやる気や目的意識を評価する入試制度です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)